店長ブログ

カフェを開業しようと思ったキッカケ

今日の活動報告では、私がカフェを開業したいと思うようになった経緯を書こうと思います☕️

私は大学生のころ、長野県の松本市に住んでいました🏔

美しい山々と美味しい水のある街で、のびのびとした生活を送っていました。私は登山とスキーを楽しんでいましたが、それも毎日は無理なので娯楽を探し求めてチャリで町中を散策する日々でした。(↓スキー場は絶景です。左のは私です⛷)

なんせ当時は娯楽施設が全くなかったのです。映画館まではチャリで1時間くらいかかり、ゲーセンやショッピング施設も限られていました。そんな中、私がハマったのがカフェ巡り🍰☕️✨

長野県松本市には個人経営の小さなお店がとても沢山あるので、毎日新しい店を開拓することに夢中になりました。特にカフェで過ごす時間がとても好きになり、100件ほどカフェを回った年もありました。

長野県内のカフェに止まらず旅行先では話題のカフェに必ず立ち寄り、家に帰ったらブログを書くのが趣味のようになっていました。(上の写真は京都〜大阪のカフェの写真をまとめてみました。)

そしてだんだん「自分でもカフェをやってみたいな」と思うようになりました。特に、松本市のカフェは当時夫婦でやっているところが多く、みなさんとても幸せそうだったんです。私もこんな風に沢山の人と関わって、可愛いお料理を出して、自分の好きなもので埋め尽くした空間で生きていきたい!そう思いました。

そしてついに自分のカフェを立ち上げるとなった時には、過去に書きまくったレポート(ブログ)がとても役に立ちました。何を売りにするか?、単価はどうするか?、席数や回転率の計算などはすべてカフェ巡りで得た知識でカバーできたのです。

この経験から、好きなことを突き詰めると役立つことがあるということを知りました。今はそのブログは更新を辞めてしまったのですが、もう少し落ち着いたらまたカフェブログをやろうかなとも思います😁

当時書いていたブログはこちら

**

ということで今日は私がカフェ開業を考えるキッカケについてのお話でした。