店長ブログ

手作りご飯にこだわる理由

今日は、創作空間caféアトリエで手作りごはんを出している理由をお話ししたいと思います。

私は、カフェというのはお料理と雰囲気と人で評価が決まると思うのです。美味しいお料理は人の心を豊かにしてくれます。コンセプトを売っているお店も多いですが、当店には若いお客様もたくさん来てくださるので、食品添加物の多い冷凍食品や既成食品を出来るだけ出したくないのです。

2014年6月、私はカフェを開業したい気持ちでいっぱいになり、まずは経験を積もう!ということで京都のレストランのキッチンで働きはじめました!

これは当時はじめてコックコートを着てテンションがあがって撮った写真です。(笑)

このレストランで10ヶ月働き、開店準備仕込み、料理の基礎、盛り付け、提供までの段取りなどあらゆることを学びました。しかもレストランカフェなのでコーヒーや紅茶の淹れ方など、カフェをやるに必要な知識も一通り教わりました。

その後は飲食店のみだと開業資金が貯まらないことに気づき派遣社員をしながら、いろんな業態の飲食店へ修行に行きました。

3年間で5店舗ほどアルバイトでキッチンとホールを学びました。中でも一番楽しかったのがこちらのお店“アラムバリカフェ”。今は閉店してしまった、京都烏丸御池にあったバリ料理屋さんです。ここには約1年勤めていました。

このお店の店長がとても楽しい人で料理の腕が抜群、何を作っても魔法のように美味しかったので本当に尊敬していました。その店長に原価や売値の考え方、プロモーション、お客様を喜ばす心意気について教えてもらいました。

この写真はまかないです。ガパオライス、ブンブ(唐揚げ)、サラダ、生春巻き、、すごい量ですよね。笑 多い日はさらにチキンフォーもいただいていました。笑

ちなみに今カフェアトリエで提供しているチキンフォーはバリカフェで教えてもらったメニューです!!

バリカフェは突然家賃が倍額以上に値上がりし閉店してしまいました。(私を含めスタッフは即クビになり、翌月には閉店しました。)その時に、こんなことあるんだという気持ちでしたが、自分にも同じことが起こるなんて…(T_T)

私はこの3年間飲食店で過ごし、料理を提供する喜びを知りました。そして、私はクリエイターの一人として、美味しい料理を作ることが大切だと感じています。なぜなら、料理も作品の一つだと思っているからです。自分が作ったもので人の心を満たすことができるのは、とても幸せなことです。

ということで、今日は手作りごはんにこだわる理由についてでした!